【アルバム紹介】マクマナマン『DRUGORBASEBALL』

福岡県を中心に活動中のプログレッシヴ・インストゥルメンタル・バンド4人組。その卓越したテクニックとプログレッシヴなサウンドに定評があり、Lightning Bolt、Nadja、Nuitoなどと共演した経歴を持つ。Sleepwell Recordsより2012年7月末に1stアルバム『DRUGORBASEBALL』をリリース。FUJIROCK FESTIVAL’12 ROOKIE A GO-GOへの出演を果たしています。

本記事は1stアルバム『DRUGORBASEBALL』について書いています。

タップできる目次

アルバム紹介

DRUGORBASEBALL(2012)

1stアルバム。コピーつけるなら”プログレッシヴ・タイフーン”ですかね。ギター×2,ベース、ドラムと編成はシンプルだけど、音楽的には複雑。緩急に富む多様な展開で畳み掛け、楽器陣が奇妙な交わり方を繰り返す。

 福岡のNATSUMENと呼ばれてたりもするようだけど、近いのは確実にNUITOですかね。場面によってはSleeping Peopleばりの鋭角な切れ味と変則的な展開もキメるし、歌なしのMars Voltaっぽい印象もあります。

 バンドの屋台骨となっている手数の多いドラムを中心として、なめらかな指弾きで低音を支えるベースはパートによってはギターばりにメロディを弾き、多彩な音色を紡ぎだしていくツイン・ギターが抜群のコンビネーションとともに曲を発展させる。小気味良いテンポの中でタッピングとやユニゾンもばっちりとキめ、フリーキーにギターを弾き倒す。

 ポストロックのような空間的なアプローチもみせますが、一糸乱れぬ正確なアンサンブルが火を吹く点はかなり強烈。

 作品は4曲約55分という長大な構成ですが、それもめくるめく展開の連続に身を任せればあっという間。とても刺激的。#2「マイケル」、そして#3「超級警察」の2曲がフジロックで見たこともあって強烈な印象が残っています。

Sleepwell
¥150 (2024/07/17 10:01時点 | Amazon調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次