Sharks Keep Moving、ひねくれた展開と清涼感ある唄ものの合致

  • URLをコピーしました!

Minus The BearのVo/GのJake Sniderが在籍していたシアトルのインディー・ロック~エモ・バンド。1997年~2002年という活動期間中に1枚のフルアルバムと2枚のEPをリリースした。本記事ではフルアルバム1枚について書いています。

目次

Sharks Keep Moving(1999)

   1999年にリリースした唯一のフルアルバム。全8曲39分収録。Minus The BearのVo&Gが在籍していたということで、音の方もリンクしている部分は多い。アルペジオやクリーンなフレーズを多用して、ひねくれた展開を見せつけます。しかし、全体的にはわりと落ち着いている感じを受けます。

 聴いていると初期のポストロック~エモに通ずる部分は多く、それらを踏まえたうえでスロウテンポで歌とメロディをじっくりと聴かせることに重点が置かれています。なかでも、大人の哀愁がにじみ出る大らかで優しい#3「Join Up」は、このバンドの特徴が大いに発揮されているといえそう。

 #1「Sailor」やラストの#8「Jet’s Jets」にしても心拍数をあげるような凝った展開を配しているが、清涼感のある唄ものといった印象は強い。対して、#2,#4,#7と用意されているインスト曲では一癖発揮しており、Pele風の小気味よさとスリリングな展開を絶妙に均衡させています。それでも良いと思える一番の決め手は、やっぱりジェイク(笑)。Minus The Bearの時以上に情感を込めた歌にグッとくる。というわけで、Minus The Bearのファンには、入手困難になっているみたいだけれど、さかのぼって抑えて欲しい一枚。

  • URLをコピーしました!
目次