3nd ‐‐Review‐‐

残響レコードきっての実力派ポストロックバンド。確かな演奏力と音の先に浮かぶ風景を見せる曲の世界観は独特の空気を持っている。


world tour

world tour(2009)

    ツインギターの鋭利な刃と凄まじい手数で圧倒するドラムが生む緊迫感と爆裂衝動、それと相反する透明感溢れるフレーズが確かに心を鷲掴む必殺の#1から威力十分。その衝撃は残響代表のte’の1stアルバム辺りを思わせるぐらいだ。鋭角に刺さるギターとジェットコースターのような展開を操るリズムが荒々しい焦燥感に満ちた暴風を巻き起こし、さらには風景そのものを美麗に映し出す繊細な表現力も持ち合わせたバンドがこの3nd。

 前述のようにマスロック然とした音符のぶつかり合いによる破壊と再生から、ポストロックらしい叙情と激情による息を呑む空間構築を隙の無いアンサンブルで持って実現している。ヒリヒリするような熱さやひんやりとした切なさ、それに清らかな美しさを肌で感じる内容だ。それにマスロック系にありがちな無機質な印象も無く、どの曲も深みを持ったドラマティックな側面を持っているのも特徴的。また、#2では中華風のフレーズを組み込んだり、一段と深い叙情味を帯びた#5ではコントラバスの豊穣なふくらみを生かしたりと個性的な一面とスキルの高さを伺わせる。ただ、前半は激しめに、後半は大人しめにといった感じでスパンとテンションが切れてしまう構成はちょっともったいない気が・・・。それでも、バンドのレベルの高さを知らしめる作品に仕上がっている。最初に申した#1『monsoon』はかなりの衝撃度ですんで。

 ただ、本作を持ってNatsumenのベーシストである山本が脱退。既に新たなベーシストが加入しているようだが果たしてどうなるっていくのか楽しみでもあり不安でもある。ま、それはバンド自体もそうだと思うけど。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする