blue friend ‐‐Review‐‐

killie、heaven in her arms以降を担うと言われる国産激情ハードコア・バンド。Loma PrietaやKidclash、Beau Navireと比肩する激しいハードコア・サウンドで人気を得ている。また、2013年にはDuck. Little Brother, Duck!、2014年にはcalculatorといった海外バンドの招聘を行うなど、シーンの活性化に一役買っている次世代バンドといえるだろう。


I Will Be Your Blue Friend

I will be your blue friend(2014)

 既に国内のハードコア・シーンで話題のblue friendの待望の1stフルアルバム。akutagawaのメンバーが在籍していることでも知られ、海外バンドの招聘にも精を出してアンダーグラウンドの活性化に一役買っている存在だ。彼等に関しては、こちらの5way Splitのみを聴いている。

 しかし、猛嵐に巻き込んでいく本作のインパクトたるや凄まじい。紫電一閃のキラー・チューン#2「Midikai」であっさりと仕留め、以降も全身を熱くさせるような激情ハードコアの応酬が続く。KidcrashBeau Navireといった海外のバンド達に呼応し、比肩するようなそのサウンドは、推進力のあるリズム隊を基盤に、ソリッドなギターリフと魂の限りに絶叫しづけるツインヴォーカルが炸裂する。愚直なまでの真っ直ぐさとハードコアへの愛、それを体現することで「初期衝動の塊」と表現したくなるほどに壮絶な音を掻き鳴らしているのだ。しかも繊細な叙情性が絶妙なさじ加減でミックスされており、余計にハートに火をつける結果をもたらしている。ギュッと凝縮した熱量を一気に放出するような#3「Warui」、やや変則的な展開を持つ#4「Neri」、さらに静と動の鬩ぎ合いを見せつつ、フィールドを鋭く切り裂くような高速カウンターをラストに決める#7「Kowai」も衝撃的だ。

 ここまでのレビューを見てきて感のいい方はお気づきだろうが、曲名は「warui」だとか「dasai」といった適当なものであり、タイトルに拘りませんスタイルを貫いている。極めつけは#6「Mezura-C」だろう。アルバム内でも静と動の対比が一番取れていて、作品を締める役割を果たしている良曲だが、タイトルも少し捻ってほしかったところ。アニマル浜口をリスペクトした「Kiaida!」、2013年の裏流行語大賞を受賞した「Yaguru」があっても良かったと思う。あくまで個人的な意見だけども。

 それはさておき、ノスタルジックな旋律の反復から激情ハードコアとは何たるかを苛烈に叩きつける再録版#8「dasai」、その感情的な絶叫がドラマティックにすら感じる#9「Saisho」と終盤の2曲もまた強烈。ラストはタイトル通りのエピローグ#10「Musubi」が、ここまでの9曲を聴いてきて灼熱と化した心と体を鎮めるアンビエントで幕を引く。これからを担うバンドの決意の一枚。国内と海外を結ぶ激情ハードコアというものを身をもって体現した本作に衝撃を受ける人は多いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする