Coldworld ‐‐Review‐‐

ドイツの独りアンビエント・ブラックメタルプロジェクト。”絶対零度の死後世界”を描くその様は圧巻。


Melancholie²

Melancholie(2008)

   ドイツのGeorg Borner氏の独りアンビエント・ブラックメタルプロジェクトの1stフルアルバム。体温が奪われ、身体が凍りつく悲愴な音世界。音が鳴った瞬間から周りが零下へと冷え込み、大地だけでなく空気までも氷で覆っていくかのようである。

 悲愴感を募らせるトレモロと背筋を擦るようなキーボード・シンセによって儚くて幻想的な空間が醸しだされ、そこへ内なる狂気を開放した怒涛のブラストビートと狂おしい絶叫が入り込み、ブラックメタル特有の暗黒色を付け加えていく。それによってジャケ通りのイメージであるぼやけた灰色を生み出している。本作でも随一のインパクトを残す#1は無情に荒れる吹雪そのもの。絶え間なく流れる絶対零度の冷気と悲愴感・憂鬱は如何ともしがたく、聴き終わった後は虚無感だけが残る。その後は哀切と叙情といった色合いが強くなり、聴き進めるごとに胸を掻き毟るような切なさに精神が壊れていく。ただ、そこに温もりは一切無い。冷たい激情が渦巻いており、破滅的。全く救いようが無い。しかしながら、手触りとしては殺傷力よりもじわじわと効いてくるような感じが強く、メランコリックな甘美さも携えているのが独特な味となっている。

 #3や#6といったアンビエントナンバーが加わることでの神秘性や不思議な浮遊感も特徴的で、他のブラックメタルのパブリックイメージからは随分とかけ離れている印象(過激であることは確かだが)だ。そういった点からも個人的には惹かれる点が多い。もろバンド名通りの凍えるような世界とタイトル通りの美しいメランコリーに彩られた屈指の作品、そう表現しても過言ではないかと。とりあえず耳にすれば、三途の川を一度渡ってもう一回現実に引き戻されるような代物であるかと思う。もしかしたら、作ってる本人は死後の世界へ行ったことがあったりして。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする