COWPERS ‐‐Review‐‐

1992年結成。北海道のオルタナティヴ~エモ・バンドとして、bloodthirsty butchersと共にその名を全国に知らしめた。98年に1stアルバム『Lost Days』、00年に2ndアルバム『揺ラシツヅケル』と2枚の傑作を残し、2002年に10年の活動に別れを告げた。

レビュー作品

> 揺ラシツヅケル > Lost Days


yurashi

揺ラシツヅケル(2000)

 約2年半ぶりとなる2ndフルアルバムにして、オリジナル・ラスト作品。Rocket from the CryptのJohn “Speedo” Reisがプロデュースを務めている。前作の制作後に、大和魂がふつふつと燃え上がったのだろうか、本作では全編日本語詞となっているのが大きな変化といえるだろう。bloodthirsty butchersやeastern youthといった同郷のバンドの影響もあるだろうし、現状を打破すべく自身で変化を望んだが故の決断だったのかもしれない。日本語の語感を研ぎ澄ませたエモーショナル・ロックは、これまでに無い鋭い切れ味と深い哀愁を有しており、サンディエゴ系列のポストハードコアから、和の風情/情緒が加味されることで発展を遂げている。

 Cowpers史上最強の1曲といえそうな#1「玻璃」から早くも最高潮のテンションへ。複雑に絡み合う鋭いツインギターは扇情的に響き、包容力さえ感じさせるようになった感情的なヴォーカルが胸を打つ。個人的には、前作『Lost Days』で聴かせた北国版ポストハードコアの攻撃性/変則静には随分とやられたものだが、日本語詞を中心に据えたことで言葉のインパクトが増し、荒削りだったメロディも研磨されている。本作においての新たな試みは確かに成功といえるはず。うねるベースラインとドラムに支えられながら、カオティックな絶叫とナイーヴな歌唱が交互に顔を出す#2「ヤガテソコニ至ル」、仲間と肩を組んで夕陽に向かって走っていくような#5「斜陽」、プログレッシヴな展開を基に繊細なフレーズから豪快な爆音まで鳴らしてみせる#8「揺」と収録曲はいずれも強力。聴き進めていくごとに体の芯から熱くなってくる。

 蒼く鮮烈な疾走曲#9「錯覚ノ海」~変則的な構成でありながらも穏やかな昂揚感に包まれる#10「錆色ノ月」というラストの流れも秀逸。本作を持ってバンドは惜しくも解散の運びとなったが、音楽性をやや変えながらも発表した2枚のフルアルバムは、いずれも名盤として君臨している。未だにマニアックな域を出ない知名度しかないのは事実だが、彼等の活躍は日本の音楽界に確かな爪痕を残したといえるだろう。


ロスト・デイズ

Lost Days(1998)

 北海道のオルタナティヴ/ポストハードコア/エモの雄、Cowpersの1stフルアルバム。ブッチャーズと並んで北海道から全国へとその名を知らしめた存在であるが、この1stアルバムを聴けば、万人が納得することだろう。

 紫電一閃の#1「Lost」から走る凄まじい衝撃。ソリッドで鋭いギターリフ、変拍子を用いた展開、荒削りながらも感情のこもった咆哮にここまで熱くさせられるとは・・・驚きだ。音楽的には、FUGAZI、Pitchfork、Drive Like Jehuなどの90年代ポストハードコアの先鋭からの影響を強く感じさせる。英語詞を使っていることもあり、非常にアメリカナイズされたという印象はあれど、とめどない激情と哀愁を持つサウンドが生み出されている。象徴的なのは#4「CurveⅡ」だろう。掻き鳴らす轟音とメロディの上にエモーショナルな歌が乗るこの曲に、多くの人々が胸を熱くさせられたはずだ。時を経ても決して色褪せることのない、彼等の曲の中でも屈指の名曲なのである。そこから、やけっぱちの暴走を見せる#5「Crawlspace」に繋げでみせるんだから不思議なものである。

 他にも本作は佳曲揃い。ツインギターの変則的な絡みと優美なベースライン、それに掛け合いのヴォーカルが印象的な#2「Junk」、90’sエモ的なサウンドと浮遊感あるイチマキさん(BP.)の歌声との融和が見事になされた#6「Out of Punch」、尋常じゃない熱量を持って北の荒野を突っ走るラストトラック#12「Rust」など名作と謳われるだけある充実ぶり。それに加えて全編に渡り、ハードコアの芯を感じさせるストイックさと熱さがまた良い。聴き終わった後も心の中で鳴り響き続ける力強い音、北海道の猛者達ここにありを印象付ける傑作1stアルバムだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする