Deardarkhead –Review–

1988年結成のニュージャージーのネオ・サイケ/シューゲイザー・バンド。


Oceanside: 1991-1993

Oceanside: 1991-1993(2012)

   ブルックリン発のレーベル=CAPTURED TRACKSが送るシューゲイザー名作再発シリーズ『シューゲイザー・アーカイヴ・シリーズ』第二弾。1988年結成のニュージャージーのネオ・サイケ/シューゲイザー・バンド、Deardarkheadでございます。まあ、今回の再発で初めて知った存在ですが(苦笑)。

 本作は、1991年~93年というまさにシューゲイザー黄金期に発表された楽曲がコンパイルされたもの(今回の再発でもちろんリマスターされてる)。確かに曲によってはRideやPale Saintsのような蒼い疾走感を伴ったシューゲ曲が押し寄せる。#2「Crystallized」や#4「Enough」で聴ける眩いメロディとドライヴ感、昂揚感は、前述のバンドに通ずるものがあると思う。けれども、印象的なのはSpacemen 3とかジザメリとかを髣髴とさせるノイズ・ギターの奔流でこれには面食らった。#3「Oceanside」の雷鳴のようなフィードバック・ノイズとサイケデリック感は特にその影響を強く感じさせる。加えて、聴いているとポスト・パンク~オルタナティヴな気質が意外と強い印象も受けた。それにネオアコ的な澄んだメロディに淡く柔らかい歌、またジョイ・ディヴィジョンのような陰鬱さ、それに清冽としたインストゥルメンタルをさらっと披露した#12みたいな楽曲まで飛び出してくる。シューゲイザー・アーカイヴス・シリーズとして改めて世の中に出回っているが、アピールできる範囲は広い。鼓膜がジーンと痛くなるほどのノイジーさから、口ずさめるようなポップさ、それに陰陽のコントラストまでが見事に機能した一枚。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!