DIIV ‐‐Review‐‐

元Beach FossilsのZachary Cole Smithを中心としたアメリカ・ニューヨークのギターポップ・バンド。Captured Tracksより発表したデビュー作『Oshin』で注目を集め、インディ界隈で話題となる。日本には2013年のフジロックで来日。2016年2月に2ndアルバム『Is The Is Are』を発表。

レビュー作品

> Is The Is Are > Oshin


diiv2016

Is The Is Are(2016)

 未だに読み方がダイヴでいいのかと思ってしまう4人組の約3年半ぶりとなる2ndアルバム。リリースはお馴染みのCaptured Tracksより。2013年にフジロック来てたし、中心メンバーであるイケメンのザカリー君がドラッグ所持で逮捕されてたりと話題は振りまいてた模様。300もの楽曲を制作した中から厳選した17曲を収録したという本作ですが、基本的には変わってない印象です。それはローファイ、リバーヴ、疾走感、脱力感、浮遊感といった言葉が脳内にこびりつく涼やかギターポップ/ロック。キレイなメロディを振る舞い、ギターの繊細な音響構築で眩惑させるも、あくまで軽やかに進行していく。そのやり過ぎない絶妙なバランスで留めてるのが良さなのかなと。#2「Under The Sun」や#4「Dopamine」は海辺の柔らかい風のように心地よい。彼女のSky Ferreiraさんが朴訥としたヴォーカルを乗せてる#5「Blue Boredom」はちょっとポストパンクっぽいか。でも、こんなに曲数いらないのではないかというのは正直に思います。途中で「あれ、どこまで聴いた」感が出てくる・・・。そうは言ってもDIIVらしさが貫かれているので、好まれる作品です。


Oshin

Oshin(2012)

   Beach FossilsのCole Smithが率いるギターポップ・バンドのデビュー作。リリースはCaptured Tracksより。ちなみに本家のBeach Fossilsは聴いたこと無しです。聴いた感じだと、中心に据えたクリーンなギターと蒼いメロディが全編に渡って冴えわたっていて、単純に心地よい。それに意外と動くぼよぼよなベースラインが厚みを与えているし、インディ系らしいぼやけた歌が被さってくる辺りも良いですね。心地よい疾走感と共に眩いメロディが明滅する#2「Past Lives」、美麗なギター・フレーズとどこか懐かしい感性も加味した#5「How Long Have You Known?」、キラキラ感と爆発力を備えた#12「Doused」辺りに特に惹かれます。歌よりもインストに比重を置いてつくられている感じがあり、それゆえに歌もどこか楽器的に作品を彩っているような印象かな。聴いていると、ネオアコ~ギターポップ~インディーロック的な感触は強いですが、その中でサーフ・ロック的な懐かしさやシューゲ風のノイズもさらっと表現。全体的に風通しが非常によく、今年発売されたLotus Plazaの新作に通ずるポップ感がなんとも素敵で、繰り返し聴けるだけの味がある作品に仕上がっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする