Empire! Empire! ‐‐Review‐‐

90’s EMOリバイバルの火付け役として大きな存在感を放つ、ミシガンのエモ・バンド。stiffslackから国内盤をリリースしており、以前には来日経験もある。2014年にTopshelf Recordsから2ndアルバムをリリースした。


You Will Eventually Be Forgott

You Will Eventually Be Forgotten(2014)

 EPやスプリットのリリースを挾みつつ、久しぶりとなる2ndアルバム。本作はCount Your Lucky StarsとTopshelf Recordsから共同リリースされ、BraidのBob NannaとMineralのChris Simpson90’s EMOレジェンド2名がゲスト参加を果たしている。実は以前の作品はちゃんと聴いたことが無かったりするが、本作で聴けるのはまさに90’s EMOのそれだろう。緩やかに登りつめていくようにメロディを重ね、ヴォーカルはナヨナヨとしつつも感情的に歌い上げる。冒頭の#1「Ribbon」や#2「I Was Somewhere Cold, Dark… and Lonely」を聴いて、「ああ、これだ!」って感じで懐かしんだり、涙腺が緩んだりする人はいるはず。収録された全11曲は、中心人物のKeithの情感が溢れている。じっくりと聴き入って欲しいという感じが出ており、丁寧に丁寧に綴られている印象だ。ある程度のお決まりを守っているとはいえ、MineralやPromise Ringのような感触に訴求力あり。どことなく枯れた風情、遠くの波打ち際を見つめるような哀愁もまたエモらしい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする