Hammock ‐-Review‐-

アメリカ・ナッシュビルのアンビエント~ポストロック・ユニット。


Departure Songs

Departure Songs(2012)

   アメリカの人気ポストロック/シューゲイズ・デュオの通算5枚目となるフルアルバム。2枚組で全19曲約110分というボリュームもさることながら、完璧なる美しさ、安らぎで満たす作品である。柔らかなフィードバック・ギターに綺麗なシンセの音色が混じり合い、息を呑むような美しい空間を広げていく。時に重なる優雅なストリングス、ウィスパー・ボイス、グロッケンやホーンといったアレンジも冴え渡り、聴き手に確かな癒しと恍惚を約束。アンビエントからドリーミーなエレクトロニカ、シューゲイズを行き来し、美麗で心地よいサウンドを徹底して追求しているといえるだろうか。そのメランコリックなフレーズの数々、シネマティックな叙事性、幻想的なハーモニーは、確かな支持を集めるだけの説得力を持っている。職人技ともいうべき淡い色彩感も流石だ。なかにはDISC1の#5のようにM83を意識した楽曲もあったりするし、DISC1の#10を聴くとシガー・ロスの崇高さに比肩する印象も浮かぶ。さらに「死と喪失」というテーマで制作された曲やKeith Kennifをフィーチャした楽曲もあるそうで、全体を通しても粒ぞろいの上質な楽曲を揃えており、思わず涙腺が緩む瞬間が何度となく訪れる。その中でもDISC1の#2が、感傷的なメロディが降り注ぐ壮大な音像で特に素晴らしい。美しいひとときを味わいたい方は是非。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする