Heliostrope ‐‐Review‐‐

2013年4月に結成された名古屋の激情系ポストハードコア・バンド。envyを思わせる美と激で綴る壮大な楽曲を揃え、いずれも困難に向き合うポジティヴなメッセージを込めて、聴き手を後押しする。2015年1月に1st EP『Configuration EP』をリリース。


configuration

Configuration EP(2015)

 名古屋を中心に活動する激情系ポストハードコア5人組の1st EP。名古屋からようやくこの手のバンドが出てきた!その事実をまず喜ぼう。「envyやheaven in her armsの影響系であるポストハードコア」は確かある。その辺りは、弊サイトが行ったインタビューで語っていただいたところだ。

 ポエトリーリーディングと絶叫、静寂と轟音、美と激で綴る壮大な楽曲に困難に向き合うポジティヴなメッセージを込めて、聴き手を後押しする。激しく心を揺さぶる#1「星を詠む人」は、作品タイトルである”Configuration:輪郭”というコンセプトを象徴するリード・トラックで、まるで景色や感情を描写するかのように大きな起伏をもつ。そこから、heaven in her armsの雰囲気に近いものがある繊細なアルペジオとダークな重低音で魅了する#2「Heart Auscultation」、作品中で最も静と動の鮮やかなコントラストが際立つ#4「Struggle a Flow of Red River」といった曲で中盤を引き締めている。キメの轟音パートはあるにせよ、いずれの曲もポストロック寄りの徹底濾過したクリーンな美しさが随所に表現されていることは、彼等の特徴といえるだろう。

 そして、2曲で一つというイメージで作り上げられた初期の#5「Sloughs Lost into Shower of White」~#6「The Bottom of White Sphere」で本作は締めくくられる。特に#6の繊細なギターの音色を中心にして、光が降り注いでくるようなエンディングには、安らかな気持ちがもたらされるはずだ。全6曲でひとつの物語を目指した本作を聴き終えた後、確かに胸にこみ上げてくるものがある。歌詞カードの下部にある「私達の音楽が、あなたの背中を押す力になることを祈ります」という言葉、それを体現する初作になったのは間違いない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする