Highenss ‐‐Review‐‐

元Cristie Front DriveのEric Richterを中心として、Darkest Hourやpg.99等のメンバーを擁する5人組のロック・バンド。2013年にデビュー作となる『Hold』をリリースした。


HOLD (ホールド) (直輸入盤帯ライナー付国内仕様)

Hold(2013)

 ex-Christie Front Driveのフロントマン、Eric Richterを中心とする5人組バンドの1stフルアルバム。90’sエモの代表格として、今もなおその存在感が揺らがないChristie Front Driveといえば、際立った叙情性とEricの繊細な歌声に一日の長があったように思う。およそ3年ほどの活動期間だったが、数多のバンド(Mineral等)に影響を与えたCFDの功績は大きい。

 その後にEricが参加していたというANTARCTICA、GOLDEN CITY等のバンドの音源は聴いてないが、このHighnessのデビュー作は、意外にも曲調は豊か。馬力のあるサウンドと小気味良いドライヴ感で駆け抜ける#1、#3といった楽曲からヘヴィなミッドチューン#5、意表を突くようなアコースティックな牧歌的インスト曲である#4と様々な仕掛けがある。予想以上にガツンと衝撃を与える様な楽曲は多い印象か。エモっぽい幹の部分はさすがに引き継がれているにせよ、それほどエモ要素が前面に出ているわけではなく、割と武骨なオルタナ・ロック寄りといったところ。意外なほどに重厚でノイジーな#8といった隠し玉、アトモスフェリックな#7のような短尺なSEまでも用意されており、その中でも水面に美しい波紋が広がっていくような#2「 If You Found Out, I Would Stay」がリリカルかつ渋い味わいで、個人的にはずば抜けて好きな楽曲。全9曲でやや35分と正直に言えばやや物足りなさも感じるが、この新バンドなりに新しい表現への挑戦をしていることが伝わってくる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!