Iroha ‐‐Review‐‐

UKバーミンガムの有力な実験音楽家であるAndy Swan(ex-FINAL)によるプロジェクト。

レビュー作品

> Iroha > Bittersweet(split)


Iroha

Iroha(2011)

   エクスペリメンタルな音の追求者には、お馴染みのDenovaliからリリースされた1stアルバム。昨年リリースのFragment.のスプリットで、もろJesuな重厚さと安らぎが同居した轟音壁を打ち鳴らしていたのが印象的であるが、本作もまた一言目にJesuという言葉が出てくるほどにJesuである(笑)。

 #1における幕開けから本家の『Silver』~『Conqueror』発表時における世界一ヘヴィなポップ・ミュージックに感化されたサウンド・メイキングが理解できると思う。重いリフとリズムによるサウンド基盤にエレクトロニクスの調和、そして淡く儚いヴォーカルが乗り、広大な世界に轟く。ヘヴィ・ロック/インダストリアルの領域からポストロック/シューゲイズを手中にし、アンビエント/ドローンを掠め、ポップにそしてドリーミーに奏でられた音からは神々しさも人肌の温かみも備わっている。そして、天上に昇っていくような恍惚感がまた良い。優しさも儚さも激しさも重さも全てが渾然一体となる音の洪水はその手のファンからするとたまらないものだろう。シンセを多めに使ってる点から少し差異を見いだせなくもないが、それにしてもこのもろっぷりは逆に凄いぞ。その中でおやっとさせられたのがラストの#8「Iroha」という曲。ヘヴィ・シューゲイズな曲調に女性ヴォーカルがフィーチャされ、切なさと物悲しさが漂っているのだが、日本語のセリフが所々で入ってくる点に驚かされる。それ故にプロジェクト名の”IROHA”は日本からとられたものなのだろう。

 全体的な感想は最初に述べた通りにどうがんばってもJesuに行き着く他ないんだけども、この作風はジャスティン・K・ブロードリックのお墨付き(AndyはFinalのオリジナル・メンバーの一人らしい)。またそれを証明するように本作のDISC2にはジャスティン先生によるリミックス・テイクが収録されている(本編をまるごと全曲リミックスしている)。こちらではあまり大きな変更はないものの、彼らしいエレクトロニクスの息遣いが感じられるものになっていて楽しめる。


Bittersweet

Bittersweet(split)(2010)

    UKバーミンガムの有力な実験音楽家であるAndy Swan(ex-FINAL)とフランス人ティエリー・アルナルのソロ・プロジェクトFragment.による入魂のスプリット盤。共に2曲ずつを提供し、共作のタイトルトラックとリミックス音源を含む全6曲44分が仕様になる。

 畏怖すら覚える神々しいオーラと美麗かつ重厚なサウンドウォール、そして輪郭がぼやけたかのようにまどろむ歌声。Fragment.はこちらでもレビューしている通りにJesuなのだがIrohaもほぼJesuです、どうしようもなくJesuです(笑)。音楽性に差異はほとんどないぐらいに。ホント、両者ともに共通項は多いのだが、Iroha(#1,#2)の方がキーボードやプログラミングを多用して、重厚でありながらも優しく光り輝くような世界を奏でている印象を受けるだろうか。機械生成の音を多用しながらもひと肌の温もりの感じられるサウンドを抽出して、大らかに包み込んでいく。冬から春への移行期、雪解けの瞬間が訪れた感じがirohaの音楽から感じられる。

 一方、Fragment.(#4,#5)は前回述べたように”JESU 65% + Nadja 35%”というのは本作でも変わらんけれども、こうして比較対象を持って聴くと地を揺らす激震のリズムと壮大なスケール観を伴ったサウンドが意外なほど強烈。人力とプログラミングによる深い陰影や言い知れぬ緊迫感を持って迫る音の塊には、有無を言わさぬ説得力も備わっている。シューゲイズ~ドローン~パワー・アンビエントを循環しながら打ち立てる轟音の壁に茫然と立ち尽くしてしまう。コラボ作の#3は、壮大で哀愁漂う曲に仕上がっているが、個人的には各々のソロ曲の方が楽しめたと思えるのが正直なところか。

 ちなみにこのCDは全世界500枚限定プレス。Jesuに感化された方々の堂々たるシンクロ、ちょっとしたトレンドになっていることを感じてもらえればと思う。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする