Magdalene ‐‐Review‐‐

イタリアはピサの4人組激情ハードコア~ポストロックバンド。


sailwith
Sail With The Tide(2010)

 LA QUIETE、RAEINのリリースで知られるSONS OF VESTAからリリースされた2ndフルアルバム。前作は未聴です。確かに他でも書かれている通りに、GY!BEやEXPLOSIONS IN THE SKYにイタリアらしい激情要素を注いだような作風。暗く悲壮感の漂う中をゆったりと光に向かって突き進んでいくかのようで、哀切のメロディを強靭なグルーヴで巻き上げながら壮大に展開していく。いわゆるポストロック風のインストゥルメンタルが大半を占め、静と動のコントラストを軸としたスケールの大きい楽曲が持ち味。GY!BEのように音の質感も陰陽でいえば、陰の方に振れており、内省に強く訴えかけてくる。アルペジオを重ね合いながらドラマティカルに昇華。そこに少なめだが存在感はバッチリの感情的な叫びが加わって混沌を織り込み、envyと親和するような味わいをもたらしている。特に本作では暗く静謐な世界を抜けて、感動的なラストを演出するタイトルトラックの#1がベスト。全体を通して今一つ突き抜けなさを感じる点もあるが、激情も悲哀も内包したサウンドは、この手のファンには支持されそう。bandcampにて全曲フリーダウンロード可だが、CD盤だとボーナストラック1曲収録した全5曲約40分。こちらは静と動のコントラストがより顕著になった楽曲を展開しているので、是非ともCDでチェックしてもらいたいものだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする