My Best Fiend ‐‐Review‐‐

ドキュメンタリー映画からバンド名を付けたブルックリンの期待の新人5人組バンド。


In Ghostlike Fading

In Ghostlike Fading(2012)

   Warpが発掘したブルックリンの新人5人組のデビュー作。ピンク・フロイドからスピリチュアライズドのようなテイストを感じる幻想性に、インディ・ロックが親和したかのような独特の感性を持ったサウンドが、懐かしい様で何だか新鮮に響く。ピュアな情感を湛えながらもサイケデリックな色彩を放つギター、煌びやかだがどこか古めかしさを薫らすオルガン、力強く空へと浮上していくようなドラムを土台にして、切ない哀愁を込めた歌声が重なって起伏豊かに物語を描き出す。それを甘くムーディに聴かせてくれるのが大きな特徴。

 他のブルックリン勢と比べても奇天烈な事をやっているわけではないが、その端々に尖鋭的な感覚が煌いており、バンドとして光るものあり。スピリチュアライズドが近しいかな、ディアハンターの美意識にも通ずるものがあると思うけど。どことなく憂いとセンチメンタリズムを孕んではいるが、メロディやハーモニーからは熟練した者が生む美しさが感じられる。柔らかなサイケで上手く塗装しながらも効果的なファズ・ギターの揺らぎを組み合わせ、その上でフォーキーな歌心が胸を掬うように優しく染みていく。さらにアメリカの広大な大地を思わせるスケールの大きさを感じさせることもあり。国内盤の煽り文句ほどにガツンと来るような場面は少ないが、玄人好みの渋い味わいが引き込んでいく鍵となっている。天上への扉が開かれているようなアートワークも目を奪う充実のデビュー作。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする