Palms ‐‐Review‐‐

Deftonesのチノ・モレノと元ISISの三人衆(Jeff Caxide(B)、Aaron Harris(Dr)、Bryant Clifford Meyer(G/Key))によって2012年に始まった新プロジェクト。Isisをベースとした豊穣なサウンドに、チノのエモーショナルな歌声が浮遊する新世代ヘヴィロックを造形している。


Palms

Palms(2013)

再生した瞬間にすぐに飛び込んでくる、『Wavering Radiant』期のISISを髣髴とさせるクリアなフレーズとうねるリズムにもう虜。Deftonesのチノと元ISISの三人衆によって密かに進められた新バンド、Palmsが2013年の半分が過ぎたところでいよいよお目見えである。両バンド共にヘヴィロックの可能性をあらゆる角度に押し広げてきた存在であるが、緻密で美しい音響を響かせるこの共同体もまた、ヘヴィロックの新次元を奏でている。

前述したように音のベースは、間違いなくアイシス。ブライアン・クリフォード・メイヤー、ジェフ・キャシード、アーロン・ハリスが奏でる、特有の美しさと揺らぎを持った豊穣なサウンドだけでも耳を奪われる。ポストメタル風の静から動へと遷移していくスタイルでは無いのだが、ゆったりとした変動のなかで大河の如き雄大なスケールを獲得していく。クリーン・トーンを主体とし、オーガニックなメロウさを強調したことで滑らかな聴き心地を実現。それによって温かさや包容力をも持つようにも感じられる。その上でチノの豊かなヴォーカリゼーションを活用することによって、情緒的な響きが増しているのがとても印象深い。訴えかけてくるような熱いエモーションを前面に押し出すことはせずとも、浮遊する彼の歌声が楽曲にロマンを添えている。チノのヴォーカルを最大限に生かした音作りの巧者ぶりは、流石に職人達の手腕というべきものだろう。

その結実となったと個人的に感じるのが#1「Future Warrior」。アイシスを敬愛してきた者にとってはこの上ない美しいイントロを経て、あまりにも雄大なヘヴィロックを轟かせるこの楽曲は、アイシスの喪失を埋めるほどの素晴らしい出来栄えである。続く#2「Patagonia」では淡い彩色で明媚な風景を織り上げていく佳曲であるし、ジェフ・キャシードのベースラインに惚れ惚れとする#4「Shortwave Radio」や丁寧に音の粒子を配置しながら広がりのあるサウンドスケープを実現した#6「Antarctic Handshake」といった曲も強力。

両バンド共に唯一無二ともいえる音楽を追求してきたバンドではあるが、ここまで見事にお互いの要素を引き出し、ヘヴィロックにまた新たな可能性をもたらしたことに感服する。個人的には、「Deftones×Isis」という単純な方程式以上の衝撃を覚えた一枚あった。今年を代表するであろう作品のひとつだ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!