SL’S3 ‐‐Review‐‐

2000年にスペインのア・コルーニャで結成された激情系ハードコア/ネオクラスト・バンド。Madame Germen、Nashgulを擁し、猛々しい攻撃性と叙情的な側面の融合を武器に、混沌としたシーンに一括入れた貴重な存在。2003年に6曲入りのデモ音源、2004年に10inch作品「Con La Venda Hacia La Pared」をリリースして解散となった。


conra

Con La Venda Hacia La Pared(2004)

 ネオクラストシーン黎明期に陰ながら貢献を果たしたという、スペインの激情系ハードコア・バンドが2004年にリリースした10inch作品。既に廃盤状態であったが、昨年にレーベルとしても活動を開始したLongLegsLongArms(3LA)が「音楽的に正統な評価がされてない。また、流通の悪い音源や再発されていない廃盤に対しての現状を変えていく。」との想い/理念から、レーベル第2弾リリースとして10年ぶりの再発に踏み切っている。ちなみにアルバム・タイトルを日本語訳すると『両眼をふさいだまま向き合う壁面』。

 スペインのネオクラスト・シーンといえば、EkkaiaやIctusという面々が引っ張ってシーンの発展に貢献してきたと思うが、このSL’S3もまた外せないバンドになるだろう。ネオクラスト/激情系ハードコアにポストロック的な叙情性を落としこんだ彼等のサウンドは、今でこそ目新しくない手法だけれども、当時としてはやはり斬新なインパクトを与えている。聴いていると、個人的には初期のAussitot Mort辺りがクラストコアの洗礼を受けたかのように感じさせる、ドラマティックなサウンドはかなりツボだ。馬力ある重低音と激しい攻撃性、社会を糾弾するエネルギーが強固に結びついている。

 寂寥感を持つアルペジオの調べから、クラスト流儀の瞬発力で激しく加速して怒りと憎しみをぶつけてくる#3「Vocas Muertas Suministran Tu Alimento」、哀切のメロディを奏でながらゆるやかに沸点へと上昇して猛々しいクライマックスを演出した#6「La Habitacion De Espejos」辺りは、SL’S3らしさが押しだされた楽曲のように思う。また、作品を通してもプリティヴな衝動が全く抑えられていない点も惹かれる理由である。アルバム自体は、全8曲で約19分といういコンパクト過ぎる構成であるが、その中に込めれた迸る熱量と強い訴求力は並々ならぬものだ。後半となる#5「Instrumental」からは、メロウなアプローチをさらに引き立たせながら、一層引き締まったサウンドに仕上がっており、現行シーンから”その先へ”という野心と前衛性を見せている。

 特筆すべきはラストを飾る#8「Arrastrando En Sacos Tus Necesidades」で、envyばりの激情と叙情のドラマをわずか3分20秒で完結。まさしくSL’S3の集大成といえるような楽曲だろう。作品としても痺れる様なかっこよさを誇るネオクラスト黎明期の良作といえる。彼等は本作をリリース後に燃え尽きるように解散したとのことだが、2014年に改めて再発された意義は大きい。今後もネオクラストの隠れた名作は、3LAから発信されていくことだろう。期待したい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!