thisquietarmy ‐‐Review‐‐

カナダ・モントリオールのギタリストであるEric Quachによる、アンビエント/エクスペリメンタル音楽系を中心に据えたソロプロジェクト。2005年のプロジェクト始動以来、20タイトル以上の作品を発表。2014年4月には、Tokyo Jupiter Recordsから日本編集盤をリリースした。


rebirths

Rebirths(2014)

 幣サイトでお馴染みのTokyo Jupiter Recordsの第31弾リリース。カナダ・モントリオールのギタリストであるEric Quachによる、アンビエント/エクスペリメンタル音楽系を中心に据えたソロプロジェクトの編集盤である。Aidan Baker(Nadja)Year Of No Lightといった手練とのSPLIT/コラボレーション・リリースを含め、2005年のプロジェクト始動以来、発表された20タイトルに及ぶスタジオ音源から4曲を厳選し、全編再レコーディングを敢行して収録。また、このリリースのために完全未発表曲である#5「Stealth Drone」をボーナストラックとして収録している(全5曲約56分)。

 主にポストハードコアやポストメタルと呼ばれるジャンルの原石達を世に送り出してきたTokyo Jupiterにとって、この手のアンビエント/エクスペリメンタル系の音楽をリリースするのは、おそらく初であろう。レーベルの看板バンドのひとつであるAmenraのメンバーによるサイド・プロジェクト、Syndromeと交流を持つthisquietarmyと契約を交わしたことは、レーベルが新しい領域へ踏み込んだ事を伺わせる。

 そんな彼の奏でる音楽は、眩惑のアンビエント、瞑想的なドローン、吹雪のような轟音と移り変わるエクスペリメンタル系といわれるもの。こう書けば、やはり同じカナダを拠点に活動する大先輩のNadjaが見え隠れするわけだが、実際に非常に似ている部分は多いと思う。電子音とドラムマシーン(生ドラムの曲もある)が登場し、冷涼としたギター・ノイズやトレモロ等も巧みに使ったスタイル。その上でthisquietarmyの場合は、独りでやっているというのはあるが、轟音を押しだすことよりも美的な感覚が磨かれているように感じる。まあ、轟音シューゲイズという言葉を一番に当てはめたくなる音楽ではあるのだが、退廃的な雰囲気と厳粛な冷たさは、彼の特徴としてあげられる所だろう。

 Nadjaの「Sky Burial」を髣髴とさせるような#1「Aphorismes MMXIV」を起点に作品はスタートし、#2「The Pacific Theater MMXIV」で早くも本作で最も重々しい音響を轟かせてみせる。そして、随一のインパクトを誇る躍動感を持った美麗シューゲイズ・チューンの#3「Revival MMXIV」、クリスタルのような透明感に満ちたアンビエントから重厚なサウンドへと変遷する#4「The Black Sea MMXIV」へと繋がっていく。ここまでが既存曲の再録という形だが、芸術性を重視した奥行きある音響を聴かせ、この手の音楽ファンを唸らせる出来栄えとなっている。怒涛のリリース群から選りすぐっただけあって、本プロジェクトの資質が作品には凝縮しているように思う。

 その中でも個人的には特に#3がロックのダイナミズムも打ち出されていて、非常に印象的な曲。また、完全未発表曲となる#5「Stealth Drone」は、出口なき深い残響にまみれる約13分となっている。前述したようにNadjaファンの琴線に触れそうな作品なので、少し手を伸ばしてみることをオススメしたい。ここでは新しい音響体験ができるから。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!