The Third Eye Foundation ‐‐Review‐‐

FLYING SAUCER ATTACKと並び“ブリストル音響派”の代表格として評価の高い存在。


The Dark

The Dark(2010)

 Matt Elliotのソロ名義でのリリースはあったものの、Third Eye Foundationとしては実に約10年ぶりとなる通算5枚目の新作。過去作は全て未聴だが、これには聴いていて鳥肌が立った。感情を掻っ攫う負の濁流、黒に黒を塗り重ねていくかのような崩壊の暗黒神話にしかるべき闇の深淵へと導かれる。神経を不穏に駆り立てるドラムンベース/インダストリアル・ビートを軸にアブストラクトに揺らめく幻想的なうわもの、靄のかかったドローン・ノイズ、荘厳に鳴らされるヴァイオリンやチェロ、クラシカルな趣と宗教的な雰囲気を加味する聖歌が精微に絡み、ループし、5曲43分の絶対的世界が生まれていく。極めてディープな空気感と毒素を伴った本作は、万物の根源にある負を片っ端から拾い集めて創りあげたかのよう。ダブっぽいリズムを用いたり、妖しげにシンセが煌めいたり、背筋を凍らすようにうっすらと広がるサンプリング・ボイス等、多彩なアイデアを交えながら料理することで世界観はより強い中毒性とインパクトを有している。

 本能を直接刺激し続ける音、音、音。それが延々と鳴り響き、神経や細胞を犯していく。ダンス・ミュージックとしての快感をしっかりと抽出しているものの、作品にて通底しているダークな緊迫感は相当なものだし、絶望の集積によってできあがっただろう深い闇は呪術的なおぞましさがある。特に終わりを飾る#5の暗黒ドラムンベースは鳥肌物で、地獄の底に放り投げられるような感覚を味わえることだろう。希望を見出そうとする場面も少なからずあるけど、奈落はいつでも口を空けて待っている。他の追随を許さぬ独創性もさることながら、緻密なアレンジによって煮詰まった黒さの中でも洗練された美しさを感じさせるのが、また凄い。自分はこのジャンルには詳しくないが、本作はそんな人間さえも有無を言わさずに圧倒する力と存在感を 示しているように思う。ジャンルは違えど、Neurosisが表現する涅槃の景色が描かれているように感じたし、ポーティスヘッドが10年経て創り上げたトリップホップの暗黒大典『Third』にも音のニュアンスは違えどイメージは重なる。間違いなく2010年を代表する傑作といえるだろうし、これから先も長く付きあっていける逸品だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!