XA-VAT ‐‐Review‐‐

石井秀仁(cali≠gari, GOATBED)、kozi(ex. MALICE MIZER)らが謎の団結を見せた鬼才4人組バンド。ニューウェイヴやエレポップを中心に奇天烈ポップを大胆ゴージャスに聴かせます。


艶℃(初回限定盤)(DVD付)

艶℃(2011)

 石井秀仁(cali≠gari, GOATBED)、kozi(ex. MALICE MIZER)らが謎の団結を見せた鬼才4人組バンドによる1stアルバム。さしずめ、koziという大先輩を擁して創り上げるGOATBED最新型といったところか。当時のGOATBEDは年々、ユーモラスに弾けていってた印象が強いんだけど(後に2人体制になってからは、デトロイトテクノ~ミニマル風の作風に変化)、XA-VATは怖いもの知らずと言わんばかりの振り切れ具合(笑)。

 お得意のニューウェイヴやエレポップといった主要素をさらにゴージャスな煌きに磨き上げ、インダストリアルやポジパン、デジロックも加味しみながら激しく優雅に聴き手を揺さぶってくる。なかにはTM NETWORKリスペクトな楽曲もあったりするし、EDMに対しての挑戦的な想いもあったのかもしれない。エッジの立ったギターやバキバキに効いた重低音が揺らすビートが交わるグルーヴが、強烈過ぎて強烈過ぎて・・・。でも、当然ながらこのサウンドの中でも映える石井さんの歌声が、スウィートな響きを加えていく辺りが計算されているなあと。収録は全10曲39分と短めだが、妖しくうねり回るクールな一撃#1「BLACK RUNWAY OF DEVILS」、らしさ全開の煌びやかな4つ打ちエレポップ#3「Mecca」、ある世代が狙い打ちされそうなグラマラス・ダンス・グルーヴィン#4「VAT-DANCE」など佳曲揃いで充実の内容だ。

 海外セレブでも意識したのかのような謎に突出したファッションであったり、やたらと洒落乙なMVであったり、全てにおいて魅せるエンターテイメントに特化している点も大変良い。この才能が融合すれば、痛快な刺激と中毒性は当たり前。結局のところ、文句なくカッコイイんですわ、このキュートなオッサン達w

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!