90’s Emo一覧

The Get Up kids ‐‐Review‐‐

Jimmy Eat Worldと共にエモを一般層にまで波及させたアメリカのエモ・バンド。1999年にリリースした2ndアルバム『Something to Write Home About』はエモ重要盤のひとつ。

The Gloria Record ‐‐Review‐‐

90's EMOの中核を担ったMineralの解散後、ヴォーカルのChris SimpsonとベーシストのJeremy Gomezを中心に結成されたロック・バンド。電子音を大々的にフィーチャしたサウンドで、新しい感動が広がる。

Moirai ‐‐Review‐‐

90年代後半から00年代初頭にかけてエモ・シーンにその名を轟かせたPenfold。その解散後に、フロントマンであるBrian Carleyを含む3人のメンバーに新たに1人を加えた新バンド。

The Promise Ring ‐‐Review‐‐

Cap'n Jazzのメンバーを中心に結成された90's EMOの重要バンドのひとつ。1997年にリリースした2ndアルバム『Nothing Feels Good』を始め、2002年の解散までに4枚の作品を残し、後世のエモバンドに大きな影響を与えた。

Penfold ‐‐Review‐‐

アメリカ・ニュージャージーの90年代初期エモを語る上では欠かせない伝説的バンド。既に解散しているのだが、2012年7月に最初で最後であろう奇跡の初来日公演を果たした。

Sometree ‐‐Review‐‐

1997年からドイツで10数年にもわたって活動を続けるエモーショナル・ロック・バンド。現在までに5枚のアルバムをリリースしており、ここ日本でも2010年末に来日公演を行っている。

Boilermaker ‐‐Review‐‐

90年代後半~00年代初頭に活躍したサンディエゴのエモ・バンド。3枚の作品を残したが、2008年にフロントマンのTerrin Durfeyは急逝。既に活動を終えている。

スポンサーリンク
1 2 3