幻想と怪奇、奥ゆかしい和の独創的世界 あさき『神曲』

 コナミ系ゲームミュージックの作曲家である、あさき氏の初のフルアルバム(2005年リリース)。「京都メタル」と提唱するプログレッシヴ・メタル×90’sヴィジュアル系の音楽性で独創的な世界を創造。参加ミュージシャンには同業者が多くクレジットされている中で、淳士氏(SIAM SHADE / BULL ZEICHEN 88など)の参加が嬉しいところです。また、本作は2012年にリマスター盤として再発済み。

  個人的には2nd『天庭』→1st『神曲』と作品を遡る形で聴いている。しかし、1stアルバムにしてこの異常なまでの完成度の高さに参ります。#1 「蛹」の序盤から驚きで、ヘヴィなリフの切れ込みからタッピングで攻めます。ダークなヴィジュアル系と精微なプログレッシヴ・メタルの混声が織りなす世界。そこにしのばされる和情緒、耽美なメロディ、これらがまた何ともいえない味わいを残す。導入されているストリングス、キーボード、アコギにしても妖しさと湿っぽい叙情性を加味しています。

 全体的には、MALICE MIZERや陰陽座、SIAM SHADE、Dream Theater辺りが組み合わさって、本人の提唱する”京都メタル”に昇華。ここまで幻想と怪奇、奥ゆかしい和を巧みに表現できるのが恐ろしい。それでも、あさき氏のヴォーカルはヴィジュアル系のクセのある歌い方なので、好き嫌いは別れるところだと思いますが(苦笑)。

 各曲にフォーカスすると、ギター/ドラム/ヴァイオリンが攻撃に特化した状態で複雑に転がり暴れる#4「この子の七つのお祝いに」、MALICE MIZERが和をコンセプトにしたバラードを作ったという印象の#5「子後の音」、90年代ヴィジュアル系の薫り漂わす幻想的疾走チューン#8「雫」が強烈。さらには表題曲である#9「神曲」の狂いプログレう舞踏会に、ぐうの音も出ない。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる