心と魂の最も深い部分を通過する厳美の旅路 A Swarm Of The Sun『The Rifts』

Erik NilssonとJakob Berglundの2人から成るスウェーデンのポストロック/メタル・バンド。デリケートな音響意匠から壮大なストーリーを奏でている。2015年初頭に4年半ぶりのフルアルバム『The Rifts』を発表。本記事はその感想となります。

目次

The Rifts(2015)

 スウェーデンのポストロック/メタル・バンドの約4年半振りとなる2rdフルアルバム。Erik NilssonとJakob Berglundから成る2人組で、本作では他に5人のサポートが参加。ミックスとマスタリングは、同郷の重鎮であるCult of LunaのMagnus Lindbergが務めている。

 海底神殿で巫女が祈りを捧げているような厳かなイメージが浮かぶような、重厚でシネマティックな作品です。彼らの音楽は、荘重なピアノや淡いギターのエレガンスな響きを軸としたインストを基調に、ここぞという場面だけ出てくるヴォーカルが渋い歌声を重ねていくのが特徴といえるだろう。スラッジメタル風のリフで稀に地鳴りを起こしつつも、デリケートな音響の意匠で美しい物語を奏でている。例えるならCult of Lunaの傑作『Vertikal』からスラッジ色を薄めて野獣の雄叫びを無くし、ポストクラシカルやサントラの要素で1ヶ月程じっくりと漬け込んだ感じだろうか。さらに海外のレビューを見ていると、ダークでメランコリックな音像からKatatoniaを引き合いに出していることが多いです。

 なかでも9分に及ぶ#2「Infants」は、彼等の音楽性を1曲に凝縮したような印象を受ける楽曲である。ガツンとくる衝撃が薄いのは事実ですが、ポストロック/ポストメタルの上昇アプローチをメソッドに、重く美しい音像が聴き手の意識を一気に取り込んでいくような感覚を持つ。他の楽曲にしても、近未来を想起させるプログラミングやクラシカルな音色が、鈍い煌きと厳かな空気感をもたらしています。さらに極めつけは10分を超える#8「These Depths Were Always Meant for Both of Us」だろう。GY!BEやMONOのような悲しみと混沌の果てを見せる轟音響から、心身に染みこむような渋い哀愁を残しながら終わっていく、一際インパクトの大きな楽曲となっている。

 ちなみに本作は、「心と魂の最も深い部分を通過する厳しくて美しい旅路であり、バンド史上で最も暗くて最も感情的なアルバム」とBandcampで記されている。確かに映画に匹敵するストーリーが詰め込まれた作品であると思う。しんみりと儚い余韻に浸れること、また物悲しさに締め付けられるような感覚がとても良いです。ちなみに私は本作をBandcampで購入したが、再生していて曲ごとにアートワークが変わっていくことにも驚かされた。こういった細かな部分の表現の徹底も、彼等の美点なのだろう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる