【アルバム紹介】AUTORA『AUTORA』

タップできる目次

アルバム紹介

AUTORA (2010)

 元Tanzmusik、HOODRUMの山本アキヲ、speedometer.の高山純、大阪アンダーグラウンドの重鎮二人が手を組んだユニットのデビュー作。

 きめ細かくデザインされた電子音によって世界紀行に出かけているような感覚をもたらす作品です。エレガントに彩られたエレクトロニカからアンビエント/チルアウト風の落ち着きや独特の浮遊感。これらが穏やかに作品を通底しています。

 ゆるやかなテンポが心地よく鼓動を弾ませ、さらにはヴォコーダのロボット声が加えられることで異国の空気感を増す。#4のように盆踊り音頭をベースにエレクトロニカで賑やかに再構築したかのような曲もあります。

 踊るための躍動感はありますが、抑性の効いた音色の隅々に懐っこさやセンチメンタリズムが宿されているのが楽しめる要因になっています。

 独特のエキゾチシズムと異国のムードを反映したサウンド・デザインがとにかく癖になる。どこか気を抜ける脱力感があるのも魅力。太くファンキーなベースラインの上を癖のあるシンセが駆けてリズミカルに快感を促す#6「beta」が心地よい。

 全10曲が様々なユーモアと電子意匠によって構成されていて、柔らかく変相を遂げる。じっくりと耳を傾けられる作品。

Music Mine
¥3,800 (2024/05/07 13:06時点 | Amazon調べ)
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次