【アルバム紹介】JK FLESH『Posthuman』

Godflesh~Jesu~Final~Greymachineなど多くのプロジェクトを動かす、孤高の天才・Justin K Broadrickのプロジェクトのひとつ。

タップできる目次

アルバム紹介

Posthuman(2012)

 1stアルバム。ジャスティン・K・ブロードリックの新プロジェクトは、”Flesh”という名義が示すようにGodfleshを髣髴とさせるような苛烈なエネルギーがあります。

 無慈悲なヘヴィ・ギターと冷徹なマシーン・ビート、怒号のような叫びが炸裂する激重音楽。このようにインダストリアルの手法を用いているが、ダビーな音響アプローチやダブステップ風のビートも取り入れながら揺さぶりをかけていく。

 それでも感情を殺しにかかる苛烈なギター・リフの応酬は凄まじい。Godfleshもそうですが、2009年にアーロン・ターナーとタッグを組んで非情なまでにノイジーなサウンドを構築したGreymachineにも近い。

 しかし、このJK Fleshではそこからさらに現代に隆盛を極めているダブステップ等とも呼応しながら、激重の暗黒ダンス・ミュージックに至っている。後半の楽曲(個人的に#6~ラストの#9にかけて)ではさらにリズムを意識した作り。

 ビル・ラズウェルとコンビを組むBlood Of Heroesにも近い感性を持っていますが、ダンス方面の昂揚感や快楽は抑え気味。もっとインダストリアルな感性で武装。

 インダストリアルから現代のベース・ミュージックのファンまでに刺さる要素が収められています。国内盤には、完全未発表曲を含む、本編のダブ・ヴァージョン等を収録した5曲入り約32分のボーナスディスクが付属。

メインアーティスト:JK Flesh
¥1,200 (2024/06/08 06:29時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

プレイリスト

お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次