【アルバム紹介】Letting Up Despite Great Faults『s.t.』

ロサンゼルス出身のエレクトロニカ・シューゲイザー・ポップ・バンド。M83にTHE PAINS OF BEING PURE AT HEARTをかき混ぜた感じのサウンドで上品でドリーミーな世界を描いている。

本記事は1stアルバムについて書いています。

タップできる目次

アルバム紹介

Letting Up Despite Great Faults(2010)

    ロサンゼルス出身のレッティング・アップ・ディスパイト・グレイト・フォールツの1stフルアルバム。

 エレクトロニカ、シューゲイザー、ドリームポップといった糸を巧みに絡ませながら、絶妙に柔らかな響きとポップさを鳴らしているのが本作の特徴です。まばゆい旋律と蒼い衝動は数多のリスナーをつかむ魅力にあふれています。

 THE PAINS OF BEING PURE AT HEARTにキラキラ電子音が加わったオープニングの#1から本領発揮で、ロマンティックな光が作品を包み込む。

 儚げでメランコリックな美メロとエレクロニクスがドリーミーな空間を演出し、意外とタイトなキレを見せるバンド・アンサンブルがロック譲りの躍動感と昂揚感をもたらしていく。星屑のような煌めきとバンド・サウンドの共鳴・共存が見事。

 M83辺りを思わせるチープな打ち込みやダンサブルな揺さぶり、アンビエント系バンドに共鳴した静的フィーリングの強い曲、#9のようなローファイなインディー・ポップまでバランスの良い構成も耳を引きつけます。

 春風が南から吹きつけるような聴後の爽快感も格別で、音の重なり具合と美しさに最後まで魅了される作品です。

メインアーティスト:Letting Up Despite Great Faults
¥1,600 (2024/07/12 17:41時点 | Amazon調べ)
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次