2013/10/27 SIAM SHADE 「LIVE TOUR 2013 HEART OF ROCK 7」 @ さいたまスーパーアリーナ

131027_18

 「今回は、僕等のマネージャーであった中村新一さんの7回忌をきっかけに、ツアーをやるかと心をひとつにしてみんなで頑張ってきました。」

 栄喜のこの言葉通りに解散以降、3度目となる復活劇である。ツアーは、公演中に発表されたZEPP DiverCity公演(ライヴ公演日が中村さんの誕生日)を含めて、中村さんの7回忌に合わせて7公演が組まれた。その初日となったさいたまスーパーアリーナ公演は、2011年の公演に引き続いてSOLD OUTを記録。解散して以降に最高キャパシティの会場を埋めてしまう辺り、確かな技術とセンスに裏打ちされた彼等の音楽の評価がより高まっている証拠なのだろう。

 僕は前回の2011年公演は400レベルの上手側の方の席だったが、今回は300レベルの席。ステージまではかなり距離がありますが、真正面から全体を見渡せる感じの席で、壮観でした。

 機材トラブルがあったこともあり、ライヴは約30分遅れてのスタート。もちろんのSE「LIGHT FOR CLOSED YOUR EYES」に合わせてメンバーが続々と姿を表していく。大きな拍手と歓声が木霊するさいたまスーパーアリーナ。そんな中、演奏されたオープニング曲はちょっと意外だった「BLOW OUT」で、心地よい疾走感とキャッチーなメロディに思わず拳に力が入る。間髪入れずに続いた「MONKEY SCIENCE」も『Ⅴ』からの選曲となるが、さらにライヴの熱気と勢いを加速。そして、大合唱となった代表曲「LOVESICK~You Don’t Know~」が当然のように一体感を生む。

 「HEART OF ROCKへようこそー。久しぶりだね、みんな待った?」と叫ぶ栄喜からは、早くも充実した表情が浮かぶ。他のメンバーにしてもこの景色を懐かしんでいる感じが伝わってくる。もちろん、観ている側としても「おかえりなさい」という言葉が第一に浮かぶことだろう。ステージには、SIAM SHADEの栄喜もKAZUMAもDAITAもNATINも淳士もいるんだから、こんなに嬉しい事は無い。

SIAM SHADE II 「台風をぶっ飛ばしたらから、代わりに俺たちの台風を見舞うぜ」とメジャー・デビューシングルの「RAIN」を演奏後には、なんと「CALLING」が披露される。イントロのリフが鳴り響いた時点でかなりの歓声に包まれたが、初期の哀愁ハードロックが聴けるとは思ってなかったので、個人的にも意外だった。さらに意外な事は続き、「SADNESS」「素顔のままで」と泣きのハードロック色全開の『Ⅱ』からの曲を惜しみなく演奏。栄喜曰く、「今日のセットリストは、いつもライヴでやらない感じの曲を中心にプレミアなものになってます」とのことで、これまでの2007年や2011年の公演とは一味違うものになっているのが、この時点でも伝わる。12年ぶりのツアーを行うということで、ここから新たに積み上げていこうという意気込みの表れなのかな。公演毎にセットリストは変わってくるのかもしれない。

 イントロの荘厳なピアノから会場がどよめいた「Grayish Wing」までもが飛び出すんだから、本当にプレミアと言えるかもしれない。言うまでも無くhide氏に捧げられたこの曲は、彼を鳥に例えながら、丁寧に奏でるメロディと共に鮮やかな飛翔を見せる。そして、中村さんが最も愛した大名曲「Life」へと続く。誕生から死へ、人間誰しもが喜怒哀楽を抱えながら生きていく様をドラマティックかつ壮大に描くこの曲が、本日も心の奥底まで響いてくる。終盤に栄喜が人一倍の感情をこめて叫ぶ「SO Far Away」、DAITAによるアウトロのギターは、何度聴いても目頭が熱くなってしまう。本当にたくさんの人に耳にしてもらいたい名曲のひとつです。

 そんな「Life」で壮大に締めくくった前半戦を終えて、「Solomon’s Seal」を基本線に置いたお待ちかねのインスト・コーナーへ突入。MUSEばりの緑色のレーザーが飛び交う中で、前回の公演のようにメドレー形式で「Dreamless World」や「Moon」、さらにはお決まりの淳士のドラムソロも挟みながら、10分以上も彼等の抜群のテクニックを存分に堪能できることとなった。インスト開けには、中村さんが凄く愛した曲のひとつ「Shout Out」を披露し、火柱が上がる演出も手伝って会場を大いに熱くしてくれた。

SIAM SHADE XI COMPLETE BEST~HEART OF ROCK~(DVD付)「中村新一さんじゃなかったら、SIAM SHADEは扱い切れなかったんじゃないかと思います。特に僕はめちゃくちゃで、色々迷惑をかけてしまって。だから今日は、会場のみんなだけでなくて新一 さんにも色々伝えたいと思っています。」と彼への想いを語る栄喜。こんなにもSIAM SHADEに慕われる中村さんについて少し調べてみたら、驚いたけどまだ売れる前のPerfumeのマネージャーも担当していたそうで。驚きですね。

そして、ライヴは終盤戦へ向かう。「Time’s」~「Why not?」という立て続けのシングル曲を抜けると、「PRIDE」~「PRAYER」という鉄板の流れへ。激しい曲調に合わせて、拳をあげ、頭を振り、大声で叫ぶ。「もっと行くぞ。ガンガン行くぞ。ひとつになるぞ」と栄喜が煽ったことで、さらに熱気を増していく会場。久しぶりのテクニカル・ナンバーの「Allergy」を挟み、漢気に溢れたメタル・チューン「D.Z.I.」、DAITAのフライングVがお目見えする強烈な「GET A LIFE」を披露して、熱く熱く本編を締めくくった。彼等のロックは、何年経っても輝きを失っていないのだ。

 この日のために作った12年ぶりの新曲「Still We Go」から始まったアンコールは、「1/3の純情な感情」と「Dreams」とキャッチーなヒットシングルを連発。この辺りは、2007年、2011年の公演の流れを汲んだ形と言えるだろうか。その中でも特にポジティヴなメッセージに溢れた「Still We Go」は、銀色テープの発射やクサすぎる詞「今、俺たちはひとつのSIAM SHADE」もあって、これからの彼等に無くてはならない曲になっていきそう。意外とすぐに行われた2回目のアンコールは、「最後一発ひとつになるぞー!」とSIAM SHADEの代名詞である無敵の「Don’t Tell Lies」を披露。これ聴かずして終われない熱い1曲で、会場は本当にひとつになる。300レベルから見るメンバー5人と6人目のメンバー達の一体感は凄まじく、とても壮観であった。

 最後は、DAITAがトラブルで開演時間が遅れてしまったことを詫び、「1、2、3、蛇ー!」で締め。全22曲約150分に及んだ熱いツアー初日はこうして幕を引いたのだった。アンコールが、本編に比べて少しあっさり目という印象はあれど、まだツアーは始まったばかり。あと6公演がどのようなものになっていくかは全く予想はつかないが、中村さんへの想いを胸にファンへ熱いステージを見せてくれるだろう。僕はこの後は、最終公演であり、SIAM SHADEにとっての聖地である日本武道館公演のみ行く予定です。

 ちなみに本日の公演の模様は、武道館公演の翌日である12月22日にWOWOWで放送されます。


‐‐‐setlist‐‐‐

-LIGHT FOR CLOSED YOUR EYES-
01.BLOW OUT
02.MONKEY SCIENCE
03.LOVESICK ~You Don’t Know~
04.RAIN
05.CALLING
06.SADNESS
07.素顔のままで
08.Grayish Wing
09.Life
10.Solomon’s seal~Instrumental Medley~
11.Shout out
12.TIME’S
13.Why not?
14.PRIDE
15.PRAYER
16.Allergy
17.D.Z.I.
18.GET A LIFE

‐‐‐encore1‐‐‐
19.Still We Go
20.1/3の純情な感情
21.Dreams

‐‐‐encore2‐‐‐
22.Don’t Tell Lies


131027_7  131027_8

 物販での購入物。Tシャツ2種(グレーが限定カラー)、マフラータオル、トートバッグに12年ぶりの新曲となる『Still We Go』。

131027_19 131027_3

LUNA SEAのSUGIZO様となぜかTOKIOの長瀬君からのお花。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする