【アルバム紹介】Lost Coast『Lost Coast』

 オーストラリア・キャンベラ出身のインスト・ポストロック5人組。MONOや初期のThis Will Destroy Youを彷彿とさせる轟音系ポストロックを主体に、トリプルギターを主導とした清冽な物語を奏でます。

 本記事は1stアルバム『Lost Coast』について書いています。

タップできる目次

アルバム紹介

Lost Coast(2020)

 1stアルバム。全9曲約68分収録。オーストラリアのインスト・バンドを見ていけばWe Lost The Seasleepmakeswavesのような豪州トップランカーにかつてはLaura、そしてマイペースに活動を続けるEchotideなど良いバンドがいます(わたしの観測範囲ですが)。

 オーストラリアとニュージーランドのポストロックを集めたコンピレーションがあるので興味ある方は参照していただきたいのですが、Lost Coastもこちらに名を連ねる存在。

 彼等のスタイルは今となっては珍しいド直球なまでの轟音系ポストロックと呼べるものです。アルペジオやトレモロリフを多用するトリプルギターを擁し、静から動へのダイナミクスを丁寧な演奏と共に届ける。

 しんみりとするギターフレーズを重ねながらメランコリックな波紋と音圧を高めていく#1「2B」に始まり、少し速めのテンポを主体に澄んだ音色が光の世界を創出していく#9「David」まで。5分~12分台とそろう長尺の中で、轟音系といわれるお約束を律儀にこなしながら、気づけば没頭してしまう物語が展開されていきます。

 また、メンバー5人による生演奏以外のギミックをあまり用いていない点は、Lost Coastの実直さの表れ。聴いているとExplosions In The Skyや初期This Will Desroy Youといった名前が浮かぶ人は多いと思います。

 本作にはテーマらしきものは設けられていないようですが、通底しているのはもの悲しさ。基本的には暗めのトーンでつづられており、そういった点では一番近いのはMONOではないかと。12分30秒を超す#5「Ceyx Azureus」における闇と光の険しき巡礼は特にその影響を感じさせます。

 穏やかでノスタルジックな色合いの強い#4「l’Hermite」、終盤に最も分厚いサウンドを展開する#8「Maps」といった曲もインパクトが大きい。彼等の正攻法の音楽にはスパイスも調味料も必要としていません。己のスタイルを信じ、真摯な姿勢で音楽と向き合い続けた結果が美徳ある本作に表れています。

メインアーティスト:Lost Coast
¥1,800 (2024/04/15 11:57時点 | Amazon調べ)

2024年4月来日公演情報

 2024年4月に初来日ツアーを開催予定です。九州と京都、関東。詳細は主催するungulatesのXをチェックしてください。

お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次