【アルバム紹介】Mildred 『Pt.2 Deluxe Edition』

M-I-L-D-R-E-D ミルドレッドは7つの鏡、あなたの姿を映し出す。全世界に知らせよう、ミルドレッドの誕生を(公式サイトより)。

タップできる目次

アルバム紹介

Pt.2 Deluxe Edition(2024)

 2022年8月にリリースされた1stアルバム『Pt.2』に2023年リリースのシングル『Pt.Neither』を同梱し、歌詞対訳付きの国内盤として3LAからリリースされました。全13曲約70分収録。読みはMildred = ミルドレッド。

 全くの無名。そして得体がしれません。公式サイトのあるページでは結成の背景、影響を受けた音楽、ミルドレッドの物語についてを記載。これがまたアーリー00’sのテキストサイトかよ、というぐらい文字で埋め尽くす狂気を見せています。

 存在するらしいが音源にはなってない『Pt.1』は”どのように終わりが来るのか、そして私たちがどのように自分自身にそれを行うのか“がテーマ。続く『Pt.2』は”世界がどのように終わりを迎えるのか、そして私たちの存在そのものがどのように暴力をもたらすのか、私たちはみな死を迎え誰もがこの人生を終える、だから節制するのだ“と記述される。

 その2つにまたがっている大テーマとして、どうしようが私たちの運命は決まっているという”運命論”があります。理解促進のための副読として3LAによるインタビューがありますが、とっかかりにはなっても全景がみえるものではありません。本作はメインコンポーザーが夢想した物語の一部分だそうですが、公式サイトで提示されている情報量は半端ない多さです。

 音楽面はシンプルですけども特定の領域にとどまることはしておらず、楽曲は2分台から10分を超える曲までさまざま。売れるためのイス取りゲームにはまるで参加していません。#1「Writer’s Exorcism」こそオルナティヴロックとSkramzが結託した熱量を見せますが、アルバム全体を通して感じるのはわびしさや無力感の方です。

 ミドルテンポの進行、しんみりと鳴るギター、渋い中域の歌声。これらを中心に心の空虚さや不安を音楽に映し出していきます。その中でスロウコアにもシューゲイズにもノイズロックにも変容。#5「Ceiling Fan」ではslowdiveのようなシューゲイザーの陽ざしが差し込み、#10「Plunge」ではBIG|BRAVEにも迫るヘヴィネスが轟きます。

 deathcrashは近からず遠からずでしょうが、やるせない感情がブーストしている。空洞化していく心、突如として沸騰する怒り。その歌声に諦念はこびりつき、枯れた音色が嘆きを代弁する。苦しむ現実、見通せぬ未来。若者は特に奪われていると彼等自身も話しています。それでもミルドレッドは架空の物語を通して、永遠の夢を見る。人々に影響を及ぼそうとしている。

 ちなみに追加収録されている『Pt.Neither』の2曲はJack Shirleyによるマスタリング。#12「I Fall In Love Too Easily」はChet Bakerのカバーですが、原曲のピアノやサックスの音色はギターに置き換わり、消え入りそうな声でしっとりと表現される。締めくくりとなる#13「Lullaby」はNothingにも通ずるヘヴィかつ艶感のあるシューゲイズを披露していますが、つきまとう無力感にこのプロジェクトらしさを感じます。

ミルドレッドのすべての楽曲と演奏は、私たちが何かを呼び起こそうとする、意識の解放さえも呼び起こそうとする、悪魔祓いであり、魔術的なパフォーマンスでもある。ミルドレッドで表現される物語は、現代世界のためのネオ・ディヴァイン・コメディであり、音楽の曼荼羅、あるいは内省のための鏡である。

「私たちは皆、インターネットで出会った。」 Interview with Mildred(ミルドレッド) – 3LAインタビューより引用
メインアーティスト:Mildred
¥1,800 (2024/06/11 20:40時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次