Whirr、甘くとろける音に誘われ

  • URLをコピーしました!

 DeafheavenやNothingで活躍したギタリスト、Nick Bassettが率いるシューゲイザー・バンド。初期は6人編成でWhirl名義だったが、後に現表記へ。My Bloody ValentineやSlowdiveに影響を受けたシューゲイズ・サウンドを軸に、女性ヴォーカルを採用してより重厚で耽美な音像を生み出します。結成から順調に活動を続けていましたが、2015年にニック自身のSNS上での問題発言によってレーベルを解雇されてしまう。以降もなんとか活動は継続中。

 本記事は初期の3作品について書いています。

【スポンサーリンク】
目次

Distressor(2011)

   1st EP。エンジニアにJack Shirleyを起用。意識が埋もれ行く轟音ノイズ、女性ヴォーカル・Byanca Munozの儚くて愛らしい歌声、メランコリックなメロディのどれもが品質が高い。Pains~やRingo Deathstarrのファンにクリティカル・ヒットするほどのクオリティがあります。

 印象としては、スロウダイヴ寄りの甘美なハーモニーと幽玄なサウンドによって静かに深く堕ちていく感覚が強い。柔らかなギター・インストのSE的#1に続いての#2「Leave」ではトリプル・ギターが織り成す幻想的な音のレイヤーと甘い声にとろけてしまう。

 そして、甘美に落とし込まれた音像#3「Blue」へと繋がっていく。短いですが、かなりの陶酔度。本作は基本的にはミドルテンポの曲調が多く、押し寄せるノイズギターの奔流と女性Voによるドリーミーに組み立てられていて、輪郭をぼかして独特の浮遊感とメランコリアを形成しています。

 もちろん、シューゲイザーらしく男女Voの掛け合いもあるし、本作随一の疾走感を持って青春を駆け抜ける#5ではパッと視界が開けていく。どこか儚く寂寥感を残していくような#7「Sandy」の終わりもまた何かを予感させます。EPにしてこのインパクトと心地よさはたまらない。

Graveface
¥1,720 (2022/11/26 18:34時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

Pipe Dreams(2012)

    1stフルアルバム。ヴォーカルがAlexandra Morteに交代。吹き抜ける春風のように温かく爽快な疾走感、青春の甘酸っぱい響き、そして轟音ノイズによる甘美な陶酔感。シューゲイザー新世代の挑戦状です。胸がキュンとなるような時が幾度となく訪れるそのサウンドは、前EPに引き続いて好調。

 しかも、ギター・ポップやノイズ・ポップ、USオルタナティヴといった要素が増したことで、多方面にアピールできる作品に仕上がっています。ミドルテンポの曲が中心だった前作よりも蒼く瑞々しい疾走感のある曲が増えているのは、本作の特徴。Alexandraの浮遊する淡く柔らかいヴォーカル、可憐なメロディに彩られていて、間口を広げています。

 7inchシングルとして先行で発表の#2「Junebouvier」を筆頭に、この甘く蒼く眩い音の洪水には抗うことはできそうもない。もちろん、前作での幻想的なサウンド・デザインも受け継がれていて、「Flashback」や「Hide」のような轟音ノイズによる白昼夢は、90年代のシューゲイザー・バンドが浮かんでくる人も多いはず。

 シューゲイザーに根差してはいるが、あらゆる方面に揺さぶりをかけるような楽曲を取りそろえた本作は魅力にあふれています。

Vinyl Junkie
¥1,180 (2022/11/26 18:34時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

Around(2013)

 4曲入りEP作。女性ヴォーカルが再び交代して、Kristina Esfandiari(King Woman)が務めています。作風もPains~等に接近する様な瑞々しい蒼い疾走感のある形では無くて、1st EP『Distressor』期のように、スロウダイヴ風の幽玄でドリーミーなシューゲイザーを聴かせます。

 全方位に拡散する甘美な音の洪水、そしてあまりにも儚い女性ヴォーカルが折り重なる音像は、シューゲイズ・ファンへの感興をそそる。ひたすらに物悲しくダークな雰囲気に支配されている#1「Drain」から、仄暗い闇からうっすらとした光をもたらすようなクリスティーナのヴォーカルに安らぎを覚える#2「Swoon」の流れには息を吞む。

 霧の様な音像がもたらす恍惚と陶酔。もろにスロウダイヴ直系。ですが、今時のインディ系ギター・ポップの流れにも迎合した形の1stフルの方向性が好みでは無かった人に応えている内。過去に回帰した形で目新しい要素は無いと感じますが、以前よりもダークで憂いを帯びた感じに惹かれます。

 甘く優しく世界を変えていく#4「Around」で締めくくれられる全4曲28分、ここからWhirrがどう進んでいくのか注目したい。

Fklg
¥2,222 (2022/11/26 18:34時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
【スポンサーリンク】
  • URLをコピーしました!
【amazon ブラックフライデー】
目次