「 90’s Emo 」一覧

American Football ‐‐Review‐‐

American Football ‐‐Review‐‐

Cap'n JazzやOwen等で活躍してきたマイク・キンセラを中心としたエモ・バンド。1999年にリリースされた『American Football』は90年代エモの金字塔として輝いている。

Braid ‐‐Review‐‐

Braid ‐‐Review‐‐

90年代エモの代表的存在のUSイリノイのロック・バンド。90年代エモの七種の神器のひとつである3rdアルバム「Frame And Canvas」を1998年に残している。その後はお決まりのように解散してしまうが、2011年に復活。2014年には16年ぶりとなる復活作『No Coast』をリリースした。

The Jazz June ‐‐Review‐‐

The Jazz June ‐‐Review‐‐

90's EMOの隠れ名バンドのひとつであろう、USフィラデルフィアのロック・バンド。1996年から活動を始め、02年までに4枚の作品を残して解散する。2013年に再結成。

90’s EMOを巡る旅

90’s EMOを巡る旅

EMO Revivalやかつての大御所達の復活劇によって再び盛り上がりを見せる90's EMOについての特集記事。90's EMOの代表作や界隈の重要盤を含めて40枚を紹介しています。

Shiner ‐‐Review‐‐

Shiner ‐‐Review‐‐

1990年代前半から2000年代初頭まで活動した、カンザスシティのポストハードコア/エモ・バンド。DISCHORD系ハードコア、グランジ、エモを横断したサウンドは、アンダーグラウンド・シーンで高く評価された。

Cross My Heart ‐‐Review‐‐

Cross My Heart ‐‐Review‐‐

アメリカ・バルチモアの叙情派エモ・バンド。Deep Elmから2000年に発表した2ndアルバムにしてラスト作『Temporary Contemporary』は、陰ながらエモ史に残る名盤とされている。

The Appleseed Cast ‐‐Review‐‐

The Appleseed Cast ‐‐Review‐‐

カンザス州出身の 90's EMO~ポストロック・バンド。90年代から生き残っている数少ない現在進行形バンドの重鎮であり、これまでにコンスタントに8枚のアルバムを発表している。

Mineral ‐‐Review‐‐

Mineral ‐‐Review‐‐

"エモ"を語る上では決して外せないテキサスの偉大なロック・バンド。4年という短い活動期間ながら、90's EMOの代表格として君臨した美しく感情的な歌とメロディで綴られる2枚のアルバムは必聴。

Bluebeard ‐‐Review‐‐

Bluebeard ‐‐Review‐‐

1990年代後半~2000年初頭にかけて活動した日本のロック・バンド。2枚の7inchと1枚のフルアルバムと残した作品は少ないながらも、未だに日本最高峰のエモ・バンドとして後世に大きな影響を与え続けている偉大なバンドである。

スポンサーリンク
1 2 3