【アルバム紹介】Pijn、カタルシス溢れるヘヴィポストロック

 UKマンチェスターを拠点に2016年から活動するポストメタル系バンド。Bandcampでは”カタルシス溢れるヘヴィなポストロック”と自らを紹介しています。バンド名はオランダ語で”痛み”を意味する(英語だとPainと同義語)。

 2017年にEP『Floodlit』をリリースし、翌年に1stアルバム『Loss』を発表。2019年には祖国を共にするConjurerとの共作EP『Curse These Metal Hands』をリリースしています。またPijnは2019年にRoadburn Festival、2022年にArcTanGent Festival に出演。

 本記事は1stアルバム『Loss』、Conjurerとの共作EP『Curse These Metal Hands』の2作品について書いています。

タップできる目次

アルバム紹介

Loss(2018)

 1stアルバム。全8曲約66分収録。マスタリングをMagnus Lindberg(Cult of Luna)が担当。タイトルにある”喪失”についての段階を追ったコンセプチュアルな作品です。楽曲タイトルが拒絶、怒り、交渉、憂鬱、受容と順々に呼応し、悲しみを重くつづっていきます。

 音楽的にはポストロック~ポストメタル間を揺れ動くような作風であり、大半をインストゥルメンタルが占める(全体の5%だけヴォーカル入り)。#1「Denial」からバンドの特性を発揮しており、ストリングスの軋む音色とギター&ベースのぶっといリフが荒れた風景を表出していきます。

 組曲チックに続く#2「Detach」では哀しみに浸るピアノやチェロ、渋い歌声を添えることで葬送歌のような機能性を寄与。ここまでは序章といったところで、以降はポストメタル的な強度と圧を増して全体を覆っていきます。

 さながらCult of LunaとGY!BEを代わる代わる召喚しているような印象があり、曲によっては同郷のBosskに迫るエレガントさを注入。また米国SSWの2人、シスター・ロゼッタ・サープとセイモア・ワシントンのサンプリングを#4「Blanch」、#8「Squalor」に使用していることもポイントに挙げられるでしょう。

 なかでもダークでメランコリックな雰囲気で進み、そのスロウテンポから一気に爆発する#5「Blush」は特筆すべき一曲。各々が体験することになるだろう”喪失”にどう折り合いをつけていくのか。自己対話を重ねる中でこの『Loss』は痛みや悲しみと向き合わせてくれる作品に仕上がっています。

私たちは個人的なレベルで人々の心に届き、レコード制作が私たちに与えてくれたカタルシスを共有してもらいたかった

『Loss』リリースinformationより(訳はDeepLによる)
メインアーティスト:Pijn
¥1,500 (2024/06/10 23:22時点 | Amazon調べ)

Curse These Metal Hands(2019)

 祖国を共にするUKのスラッジメタル・バンド、Conjurerとのコラボ作品。全4曲約30分収録。もともとはArcTanGent Festival 2018での1回限りのパフォーマンスでしたが、翌2019年に音源リリースにいたります。コラボとは書きましたが、基本的には両バンドから集められた精鋭5名によるもの。

 おおざっぱですが的外れでもない表現をすると”ポストメタル ミーツ Baroness”ですかね。オープナー#1「High Spirits」の序盤を飾るトリプルギターのハーモニー、歌いだしのジョン・ベイズリー(Baroness)にクリソツ声を聴いて、それを感じない人はいないかと思います。

 その上で場面ごとにスラッジメタルの重圧、ブラックメタルのトレモロとブラストビートの暗躍、フォークやポストロックの静的な美を巧みに配置。Conjurerがもたらした肉体性と野性味、Pijnのシネマティックな美麗さが引き立てあっています。

 EP自体は10分近い/超える3つの大曲、2分台と小ぶりな#3「Endeavour」で構成。大曲はいずれもメランコリックなムードと巨大なグルーヴが訪れますが、頭でっかちな哲学性や陰気さを吹き飛ばす陽性と活気があります。

 #2「The Pall」や#4「Sunday」にしてもハーモニーの宝石箱やー♪っていうぐらいの三ツ星体験。これほどまでの勇壮と漢泣きの大河浪漫ポストメタルを前にして、歓喜を覚えざる他ありません。

 これを30分という尺で適切かつ最高な表現をしている事実。まちがいなくPijnとConjurerのファンのみならず発掘されるべきEPです、本当に。 

メインアーティスト:Conjurer, Pijn
¥700 (2024/06/14 03:38時点 | Amazon調べ)

From Low Beams Of Hope(2024)

 2ndアルバム。フルアルバムとしては6年ぶり。リリース後に書く予定です。

メインアーティスト:Pijn
¥1,600 (2024/06/10 23:22時点 | Amazon調べ)

ライブ動画

Pijn – Denial / Detach | Audiotree Worldwide
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次