【ライブ感想】2010/04/19 MONO @ 心斎橋鶯谷サンスイ

 2010年に入ってからは初となる香港公演を皮切りにし、2ヶ月近くにも及ぶヨーロッパツアーを敢行していたMono。昨年末以来、約4ヶ月ぶりとなる国内公演が実現したので足を運びました。
 
 昨年3月に行われた大阪公演と同じく鰻谷サンスイが舞台。200人が限度ぐらいの小さなハコ。それでも、結構な数のお客さんが平日にもかかわらず足を運んでいました。

 19時からオープニングアクトの”村で疫病流行る”というかなり奇抜なバンド名のインスト・トリオが登場。外見は失礼ながらモサイと思ってしまったけど、テクニックは非常にしっかりしたもの。縦揺れも横揺れも完備した職人肌のサウンドで会場を温める。刺々しさもポップ性もダンスミュージックなんかのニュアンスまで飛び出してくるその音に30分気持ちよ〜くノセられました。
 
 20時を少し過ぎたぐらいにMONOが登場。「Ashes in the Snow」からスタートする。冷たく儚いグロッケンシュピールの音色が静かに心の内を侵食し、轟音ギターがうねりを上げながら会場の雰囲気を飲み込んでいく。序盤から圧倒される。

 思い起こせば年末のオーケストラとの共演では、繊細な感情の揺らぎや静かに脈打つ鼓動すらも弦一本一本が波長を合わせることで拾い上げ、サウンドの臨場感や迫真性を豊かに表現していました。それこそ、世界はこんなにも大きくなるのかと感心したものです。

 ですが、メンバー4人だけで奏でるサウンドは、バンドの醍醐味のひとつである破壊力や暴力性が極まる。美しく丹念に練り上げられていく楽曲の中で、どこまでも膨れ上がっていく音圧の轟きは半端ではないし、それがまた圧倒的なリアリティを持って心の奥底に訴えかけていきます。

 久々に体感した「Yearning」が特にスゴかった。吹雪のようなノイズに全感覚を支配され、悲しみの彼岸に吹き飛ばされたかのような孤独感が襲ってくる。MONOのライヴに対峙することは覚悟を問われることでもある。

 その悲壮の極みから、一段と強い希望を浮かび上がらせる「Halcyon」 「Everlasting Light」と続いたラストの流れは見事。約100分近くに及んだライヴは、彼等がつむぐ絶対的な世界の中に心酔していたようであり、もちろん圧倒されてもいました。公演終了後、5分近く鳴り止むことのなかった拍手の嵐。それが本公演の感動を確かに物語っていました。

—setlist—
01. Ashes in the Snow
02. Burial At Sea
03. The Kidnapper Bell
04. Pure as Snow (Trails of the Winter Storm)
05. Sabbath
06. Yearning
07. Follow The Map
08. Halcyon (Beautiful Days)
09. Everlasting Light

メインアーティスト:MONO
¥1,000 (2024/06/10 15:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
お読みいただきありがとうございました!
タップできる目次