Far ‐-Review‐-

アメリカ・サクラメント出身のエモーショナル・ロック・バンド。90年代に活躍し、エモの礎を築いたひとつのバンドとして認知されている。その影響の大きさはいうまでもなく、デフトーンズやインキュバスといった今をときめくバンド達からリスペクトされている存在。98年に最高傑作『Water & Solutions』を発表した後、99年に解散してしまうが、08年に復活を果たす。2010年には約12年ぶりとなる新作(通算5枚目)『A t Night We Live』をリリースした。


At Night We Live

At Night We Live(2010)

   エモの潮流を起こしたバンドのひとつ、Farの再結成第1弾となる11年ぶりの新作(通算5枚目)。過去作はまるで聴いたことないけれども、激しく美しく紡がれていくエモーショナル・ロックの世界に興奮する。

 地平の奥深くからラウドな音塊で世界に復活を高らかにアピールする#1から、まず心が震えてしまう。柔らかさと逞しさを豊かな表現力で伝えるヴィヴィッドな歌声と熟練された演奏陣が、力強く大地を踏みしめ、優雅に踊り舞うかのようなメロディアス・ラウド・ロックを志向し、シンプルだが非常に芯のあるサウンドを展開している。メランコリックな旋律美と深い哀愁が眼前に広がる荒野に差し込み、ドラマティックな起伏を約束。また、ダイナミックなサウンドの中には情感豊かで瑞々しい感性も盛り込まれており、アート的感覚も持ち合わせているように思える。とはいえ、いい意味でのメジャー感が伴っているために、聴きやすい。焦燥感や悲哀といった感情も音に完璧に昇華されていることからも、決して過去の回顧で終わらない成長に繋げている(過去作を聴いてないのであくまで予測だが)。

 可憐な鍵盤を交えながら清らかに唄メロを引き立てる#2も引き付けられるし、性急な#6のような曲も魂を動かす。グッとテンポを落として洗練されたメロディと唄の部分に焦点をあてた#4や#7なんて安らぎをもらっているようで、精神の淵から奮い立たせるようなエネルギーも聴き手に同時注入しているようだ。それもこれもどこか激情的で清冽としながらも、放たれる音のひとつひとつが、深く艶やかな情熱を放っているからだろう。スリリングなロックン・ロールを体現する#8のドライヴ感は心地よいし、決意にも思える#10の真っ直ぐさにはグッとくるものがある。

 長年の時を経た強さが滲みでていると共に、狭間では優しく包み込むような慈愛も表れるており、エモーショナル・ロックの最深部から現代に流れ込む、激しくも美しい音の波動に自然と昂揚してしまう良盤だ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする