NINGEN OK ‐‐Review‐‐

2009年に活動を開始した石川県・金沢市在住の轟音インストロック・デュオ。


体温の行方

体温の行方(2012)

   その圧巻のステージングで観る者を魅了し、KAIKOOフェスやフジロックのルーキーステージへの出演等でもぶちかまし、知名度や評価を高めた石川県・金沢市のデュオがついに公式音源となる1stアルバムをリリース。“すべてをライヴに集中させたかった”というのがこれまで音源をリリースしなかった理由だとか。

 いやしかし、強烈なインストである。核となっているのは、歪みを効かせたギターと精微なドラム。それらが火花を散らすほどにぶつかり合う。マスロック風に変拍子を多用した複雑な構成を取りつつも、際立っているのはその衝動や迫力。さらには54-71やShellac辺りの硬質さや鋭利さが備わっている。美麗なフレーズで引き寄せることもあるが、鋭い音をとにかく重ね、”愛”として放電していく。そして、デュオ編成であるのだが、ほとんどの楽曲でサポートの女性キーボーディストが参加。ふわっとした柔らかさや鮮やかな彩りを硬質さが目立つサウンドに上手くミックスしている。

 変幻自在のドラムを下地にジャキジャキしたギターが暴れ、キーボードが艶やかに重なるスリリングな#2や三連リフから怒涛の喧騒に巻き込んでいく#8など、耳が痺れるほどにインパクトは非常に高い。SE的な#1や穏やかな凪が訪れたかのような#9を除けば、聴く者を熱狂の渦に放り込む痛快な楽曲が揃っている。ただ、彼らのライヴを体感しているとどうしても物足りない印象もある。あの勢いや迸る熱気がパッケージされていないのが大きな要因なのだが、これがスタジオ録音にも感じられるようになると間違いなく凄いものができると思う。強く期待したいところだ。ライヴだとこれよりも遥かに凄いんでね。逆に未体験の人には、大きな刺激のある作品といえる。ちなみに彼らのライヴ写真を撮っているのが、元GREENMACHiNEのDatsu氏という金沢つながり。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!