SAOSIN ‐‐Review‐‐

 アメリカはカリフォルニアのオレンジ・カウンティ出身の5人組バンド。スクリーモ最終型の口説き文句を背にデビューしたが、その言葉に恥じぬほどのポテンシャルを秘めたバンドである。

レビュー作品

> In Search of Solid Ground > Saosin


In Search of Solid Ground

 In Search of Solid Ground(2009)

 約2年半ぶりとなる2ndフルアルバム。プロデューサーにブッチ・ウォーカーを迎えていることからもわかるが、かなりフォール・アウト・ボーイの成功に感化されたご様子。発売前のサマソニで聴いた新曲に妙な違和感を覚えたこともあって、本作には嫌な予感がしていたのだけど、案の定の微妙な仕上がり。

 #1こそ前作の延長線上ともいえる心地よい疾走感と激情が迸るが、#2、#3では独特の透明感を増しつつ、随分とポップなテイストが取り入れられていて驚かされる。けれどもそれがいいかといえばやっぱり微妙なところで、切迫するような歌の訴求力に惹かれたものとしては期待通りとはいかず。エモ・スクリーモを完全脱却し、メインストリームで活躍したいという意気込みが感じられるオーセンティックなロックスタイルへと移行している。スタジアムクラスで歌えるようなポップチューンであったり、ダークでメロディアスなふくらみを増したり、シリアスな深みが出てきたりと楽曲のバリエーションは以前にも増して、歌を軸とした方向で広がりを見せている。そのため疾走曲はほぼなくなり、ミドル~スロウな曲調がほとんどに。けれども、捻りあるリズムや展開を使った一筋縄では終わらない工夫はみられる。それでもその引き込みが巧いかというとそうでもないような気はしてしまう。これまであった持ち味が欠落しているわけでもなく、メロディセンスも随所に発揮されているのだが、前作ほどの張りとテンションが感じられないのが個人的には残念であった。っつーかサマソニで見てしまったのが失敗だったかも・・・。それでも真っ当な進化の過程としてこれからも見届けたい。


Saosin

 Saosin(2006)

 全米アルバムチャート22位を記録したというセルフタイトルのデビュー作。既にEPのヒットでアメリカインディシーンでは大きな声援を受けていたが、ここ日本でもその声援を浴びることになった鮮烈なデビュー作だ。

 爽快な疾走感が溢れるテンポの良さと美しいメロディの波紋を一面に広げ、激しく感情を逆撫でするようなハイトーンヴォイスと艶やかな歌メロを巧みに分けるヴォーカルが実にエモーショナルな逸品。総体的に極めてシンプルな作風であるが、メタリックなリフを炸裂させたり、エッジの立ったツインギターがスピーディに絡み合ったり、手数が多めのリズム隊が屋台骨をしっかりと支えたりと、バンドの土台は結構どっしりとしている印象がある。激しくラウドな手触りや火の玉のような勢いによるインパクトの強さもなかなかいいが、ナイーブな美メロを引き立てる感覚の鋭さも持ち合わせ、ドラマティックな昂ぶりを強調。眼を潤ませながら拳を振り上げることのできる叙情と激情の絶妙なバランスが成り立っている。

 また、無駄がそぎ落とされている分、エモ特有の焦燥感や切迫感を募らせながらダイレクトに胸を打ちぬく感情の奔流はとても強烈だ。時には独特の浮遊感も醸しながらも、ここぞという瞬間の引き込みの強さも魅力的に映る。#1~#3までにエネルギッシュな勢いで畳み掛けて、一旦のピークを迎える#4での揺さぶりっぷりは見事だと思うし、そこから後半に向けてはメロディアスな面を際立たせていく構成もおもしろいと思う。初作にしてこれだけストレートに訴えるものが作るとは、もはやお手上げである。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする