Echotide ‐-Review‐-

オーストラリア・ブリスベンを拠点に活動するインスト・ポストロック3人組。


asour
As Our Floodlights Gave Way To Dawn(2012)

   一瞬にして緊張感を走らせ、儚い余韻を残しながら消えていくピアノとにグッと心を掴まれ、のたうつ美重音に気圧される#1に始まり、#2~#3とその深遠さに呑まれていく。聴き進めるごとに感動が止まらない本作は、5年の歳月をかけて完成したという、7曲71分の一大叙情詩だ。

 まずシネマティックで映像的な作風が、ポスト・クラシカルからの影響を感じさせるだろうか。ダークな世界観を持つあたりはGY!BEっぽいのだが、なめらかに弾かれる麗しい鍵盤が作品の核となっており、繊細なギターやエレクトロニクスとの重なりで、消え入るような儚さと幽玄の美を演出。さらに麗しいストリングスやフィールド・レコーディングスもまた、彼等の世界観を成すうえで無くてはならないものとなっている。加えて、彼等のFacebookにもあるようにMogwaiやMonoからの影響だろう轟音ギターの洪水が、モノクロームの世界をこじ開けていく。なかでも白眉といえるのは、13分にも及ぶ#4「Embers Glow」だろう。メンバーの3人だけでなく、8弦ギターやストリングス、管楽器等のゲストと共に彩られた優雅で華やかな世界は、力強いリズムに乗せて圧倒的な昂揚感を誘う。

 静と動の見事な交錯、確固とした物語性、透徹とした美に本作は貫かれており、細部にまでこだわった構築からは作り手の信念を強く感じさせる。全7曲71分をかけて描き出すストーリーは、あまりに見事。1stアルバムとは言え、シガー・ロスの待つ天上界へと導いてくれる感動的な作品だ。なお本作は、Bandcampにてフル試聴可能&name your priceとなっているので、お時間ある方は、ぜひチェックして欲しい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でGrumble Monsterをフォローしよう!

スポンサーリンク


▼ フォローする